検索
  • tetsujiro369

アナログカメラの美学

アナログカメラを始める人が最近少しづづ増えてきていて、デジタル勢からの出戻りさんも多いと馴染みのカメラ屋のオーナーさんに聞いた。


嬉しいことだと思う。


その反面、アナログフォトの環境は年々厳しくなっている。


消えていくフィルムたち。最高傑作であろうAdoXのMCCペーパーも採算が取れずに生産中止になり、ロジ二ストと呼ばれる人たちから愛されるロジナール現像液もすでに日本で見ることはない。


せっかく、アナログカメラに踏み込んできた人たちが、先へ進もうとしても肝心の素晴らしい素材がない。最初は不便さの中に宝探しの感覚で来てくれたとしても、あまりにもめんどくささが募ると引き返したくなるのが人間の常だ。


アナログカメラは求道者のような心情で取り組まなければならないようになってきている。


そしてその先は滅びゆくものたちの歩みだ。


デジタルのことはもう語ることはない。自分はデジタルからは離れた身だ。


モノクロフィルムに取り憑かれる人は時々いる。


しかしながら、日本国内では危険薬物の指定が多く、現像液を自家調合するのもなかなか難しい。


日本にいても仕方がないから、海外にいって活動しなさいとよく言われるが、日本のモノクロフィルム事情は余程厳しいと見える。


アナログカメラの楽しさをどう伝えていったらいいのか、毎日のように思いあぐねているが、自分一人の力ではどうにもできない。


アナログカメラの美学とは滅びゆくものの美学なんだろうか?


楽しく面白く伝えるような人格であれば良かったのだけれども、如何せん、根暗な人間だから、どうしても広く伝えていけないのがもどかしい。


ロジナール。昨日やっと手に入れた一本。最後の一本になるかもしれない。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

人は去って行くもの

表題の通りだが、人は去って行く。 流れるように。自分には一人の友人もいない。 全て去っていった。寫眞家として活動し始めてからはまるっきり一人だ。 しかしそれでいい。 ただただ自分との対話の中でしか、自分の表現したいことは見つからない。 全てがゼロになれば、残ったものは自分の身だから。 今までこんなにも自分自身と対話をしてきただろうか? ひたすらに、今日も自分と対話をする。

何度目かの人生

ニーチェの永劫回帰を最近よく思い起こすことがある。 果たして自分の人生は一体何度目なんだろうか 人生の目的を見定めるのは難しいことだ。見定めたと勘違いしているのかも知れない。 それともこれも何回も繰り返している人生の中の一遍なのだろうか 肉体は違っても、魂と言われる存在は繰り返す。 こうやって芸術を標榜することになる人生。 辛くそして楽しく誰にも歩めない人生。 結局は同じ場所に戻ってきてしまう。

写真家たちの偶像

第一回 ヴィヴィアンマイヤー 妄執のローライフレックス 名もなき写真家たちはたくさんいます。名を売ることが芸術家の至上命題であるように強迫観念に囚われた時代では名もなきものは写真家として名乗ることもまかり通りません。 そんな世知辛い世界に、ヴィヴィアンは目もくれず、首から下げたローライフレックス で息をするようにシャッターを切っていました。 彼女が生前撮った写真の枚数は15万枚以上。デジタルではな